公益財団法人PHD協会 −平和と健康を担う人づくり−
公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

Peace(平和)、Health(健康)、 Human Development(人づくり)の頭文字をとって名づけられた草の根の人々による国際交流・協力の活動をしている団体です。
日本とアジア・南太平洋地域の草の根の人々との交流を通して、平和と健康を担う人づくりをすすめ、共に生きる社会を目指します。
〒650-0003 神戸市中央区山本通4-2-12 山手タワーズ601
TEL:078-414-7750 FAX:078-414-7611
PHD協会の提唱者岩村先生思い出のページ
HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
ブログ最新画像
↑クリックするとブログ記事が見れます
PHDの紹介
PHDの団体概要
講座の出前します
研修生たち
研修生の1年の流れ
PHDの研修生たち
研修生たち
研修について
スタディツアーについて
「ネパール」スタディツアー
「インドネシア」スタディツアー
「タイ」スタディツアー
「ビルマ」スタディツアー
「フィリピン」スタディツアー
「パプアニューギニア」スタディツアー
国内勉強会
地元学ツアー
PHD Letter
過去の「PHDレター」
NGO相談員
相談内容
PHDからお願い
入会・寄付について
PHD会員申込み
PHDボランティアについて
スタッフ紹介
PHDスタッフ
国内研修生
研修指導者
ショッピングで国際協力
草木染め・PHDグッズのご案内
ボランティアグループ
タイカレンの布を応援するソディ
里山で林業体験
農業体験

PHD今月のスケジュール

第29回 タイツアー 2011年
2010年の様子2012年の様子◆◆2013年の予定

何度かツアーに参加して、いつもつまづくのは現地の人との交流。自分の言いたいことが上手く伝わらない。相手の伝えようとしていることがよく分からない。

しかし今回は、伝わらなくても、伝えきれなくても、なぜだか気にならなかった。諦めとかではなく、お互いが伝えようと四苦八苦しているその雰囲気が楽しかった。心地よく感じた。

村の人とお互いの言いたいことが100%伝わらなくても十分楽しめたじゃないか。きっちりできなくてもいいじゃないか。私に足りなかったのは、余裕をもつ気持ち、不完全なものを許す心だと。自分に対しても他人に対しても、ピリピリせずに、無駄なストレスをためずにやっていけるじゃないかと思えた。

問題は「どこで満足するか」だと。内面だけではなく、モノだって。私の周りには必要なモノはもう十分揃っている。まだ欲張るのか。自分の生活をもう一度考え直したい。

〜参加者レポートより〜

日程 内容 宿泊
12/23

関空→バンコク→チェンマイ
屋台で夕食

Chain Mai YMCA
/24 チェンマイ→メーサリアン
KBC訪問→メーサリアンへ移動、プリチャーさんガソリンスタンド見学→クリスマスパーティー
村でホームステイ
/25 メーサリアン
パットさん畑見学→カレー作り→布グループ「ルチョコより」布の買い付け→ペー村へ移動
村ホームステイ
/26 メーサリアン
ホイホン村コーヒー畑訪問→プリチャーさん、アンポンさんの店見学→ライ村、ブンシー宅へ→布織り、縦糸はりの実演
村でホームステイ
/27 メーサリアン→チェンマイ
メーサリアンからチェンマイへ移動→前半振り返り→ナイトバザール
Chain Mai YMCA
/28 チェンマイ
マッケーンリハビリテーションセンター訪問→ITDP訪問→自由行動
Chain Mai YMCA
/29 チェンマイ→ボッケオ→ムシキー
スラデさん活動施設見学→ボッケオ、コマさん苺畑見学→ムシキー到着
村でホームステイ
/30 ムシキー
布グループ「チョディ」より布の買い付け→カレー作り→染め見学→村の学校(サハミット)訪問→布の女性グループとのミーティング
村でホームステイ
/31 ムシキー
村のグループ活動、畑見学→農場試験場見学→新年年越しパーティー参加
村でホームステイ
1/ 1 ムシキー→チェンマイ→バンコク
  チェンマイへ移動→ゾウ見学→市場で昼食→チェンマイ発
機内
/ 2 関空  
チェンマイの朝食、カオマンガイ。チェンマイを感じる朝食です。 山岳民族の人々の生活改善を行うキリスト協組織TKBC(タイ・カレン・バブテスト会議)にてお話を伺う。PHDのカウンターパートとして協力していただいています。
移動はいつも車の荷台!わいわい賑やか気持ち良い! 研修生プリチャーさん(85年度)が経営する商店でお買い物中。
クリスマスのお祭りでご馳走になりました。おいしい! クリスマスパーティーで日本の歌を歌いました!
賑やかなクリスマスパーティの様子。 日本の人たちで、カレーをつくってご馳走しました!うまくできるかな?

メーサリアンの布グループ「ルチョコ」での布の買い付け。 ほつれがあれば、その場でなおしてもらいます。

買い付けの後は、ミーティングをして、カレンのお母さんと日本の人たちの意見交換を行います。
織るところをみせてもらいました。ひとつひとつこうして織られていくんですね〜。 お母さんに教えてもらいながら織りを体験させていただきました。難しいです!
糸のかけ方を教えてもらいましたが、難しい!でもちょっとずつできてきた! カレンの家の中の様子。囲炉裏が落ち着きます。
カレンの食事をご馳走になりました。葉っぱの中にはご飯が入っています。 ムシキーの布グループ「チョディ」での買い付け。
16期研修生プラチャックさん(左)と25期研修生チャユーさん(右)。2人とも村で農業を頑張っています。 チャユーさんは、帰国後日本で学んだ堆肥づくりで野菜を栽培しています。

毎晩、クリスマスとお正月のお祭りがあります。焚き火で暖をとりながら、楽しいステージをみます。 いろんなところで新年とクリスマスをお祝いする会によばれます。この日も日本の歌をうたいました。
HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。