公益財団法人PHD協会 −平和と健康を担う人づくり−
公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

Peace(平和)、Health(健康)、 Human Development(人づくり)の頭文字をとって名づけられた草の根の人々による国際交流・協力の活動をしている団体です。
日本とアジア・南太平洋地域の草の根の人々との交流を通して、平和と健康を担う人づくりをすすめ、共に生きる社会を目指します。
〒650-0003 神戸市中央区山本通4-2-12 山手タワーズ601
TEL:078-414-7750 FAX:078-414-7611
PHD協会の提唱者岩村先生思い出のページ
HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
ブログ最新画像
↑クリックするとブログ記事が見れます
PHDの紹介
PHDの団体概要
講座の出前します
研修生たち
研修生の1年の流れ
PHDの研修生たち
研修生たち
研修について
スタディツアーについて
「ネパール」スタディツアー
「インドネシア」スタディツアー
「タイ」スタディツアー
「ビルマ」スタディツアー
「フィリピン」スタディツアー
「パプアニューギニア」スタディツアー
国内勉強会
地元学ツアー
PHD Letter
過去の「PHDレター」
NGO相談員
相談内容
PHDからお願い
入会・寄付について
PHD会員申込み
PHDボランティアについて
スタッフ紹介
PHDスタッフ
国内研修生
研修指導者
ショッピングで国際協力
草木染め・PHDグッズのご案内
ボランティアグループ
タイカレンの布を応援するソディ
里山で林業体験
農業体験

PHD今月のスケジュール

第22回 ネパールツアー 2014年
2011年の様子2012年の様子2013年の様子2016年のスケジュール
 ガハテ村は自然条件が厳しく、私たちが手ぶらでも滑ったり転んだりするような急斜面の道を、80才のおばあちゃんが何キロもある水がめをかついで毎日水汲みをしているというのは本当に驚きでした。
 そんな厳しい環境の中、自分たちで水や電気や道を作ったピンタリ村の人たちの話や、村の政治的な問題に振り回されながらもむらのために頑張ろうとするガハテ村の研修生たちの姿に、改めて「この人たちと一緒に村を良くするために頑張りたい」という気持ちが強くなりました。生活の厳しさ以外にも、村の人たちの心のこもったおもてなしやゆっくりと時間が流れる素朴な生活にも触れ、素敵な時間を過ごすことができました。

〜昨年度の参加者レポートより〜


          
日程 内容 宿泊
7/26 9:00関西国際空港 出発ロビー4F集合
マレーシア航空053便11:00発 → クアラルンプール → カトマンズ
ペンションバサナ
27 カトマンズ → ピンタリ村 ホームステイ
28 ピンタリ村
 村散策、小規模水力発電の見学
ホームステイ
29 ピンタリ村
第33期研修生選考
ホームステイ
30 ピンタリ村
 次年度候補者宅家庭訪問
ホームステイ
31 ピンタリ村 → クンタ村へ移動 SSS
8/1 クンタ村 → ガハテ村
 フリータイム、ガハテ村へ移動
ホームステイ
2 ガハテ村
 農業協同組合とのミーティング
ホームステイ
3 ガハテ村 → カトマンズ
 岩村記念病院訪問
ペンションバサナ
4 カトマンズ12:20発 → クアラルンプール → 機内泊
5 関西国際空港 マレーシア航空052便 07:15着、解散

2014年度のツアーの写真

ネパールの山々が見える展望で一休み
参加者2〜3人に分かれてホームスティ
(ピンタリ村)
村の子ども達とも交流できます。
ベテラン参加者も何名か。
何度も行きたくなる魅力あり。
協同組合についてのレクチャー
(コープこうべ職員による)
ネパールカレー!スパイシーでおいしいですよ
ネパールの山々。
ラッキーだったらヒマラヤが見えるかも。
2013年度の研修生プレムさん。
今年も迎えてくれます。
チベット仏教の寺院。
ヒンドゥと混在しています。
研修生選考の家庭訪問はちょっとしたトレッキング
HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。