公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
 
第17回 ミャンマー・スタディツアー

出会いに溢れた熱いミャンマーに一緒に行きませんか?大好評で残席わずかです。
2009年の様子2013年の様子2015年の様子2016年の様子
 2016 年4月からアウンサンスーチーさん率いるNLD が政権を担うようになり大きな変化を
迎えているミャンマーでのツアー。大阪の大学と共同でツアーを企画しています。

【ツアーの特色】 ・マンダレーのスラムの子ども達との交流
・内戦被害者の孤児院訪問
・村でのホームスティ
・2018 年度研修生の選考

 帰国した研修生たちが地域を超えて孤児やスラムの子どもたちのために活動しています?その現場にぜひお越しください。熱気に溢れたミャンマーを体験できます。元研修生であり現地スタッフの モーママさん(2013年度)、サンティダさん(2015年度)が迎えてくれます!
ツアー詳細はリンク先のパンフレット(PDF) をご覧下さい。
2017年度ミャンマースタディツアー・パンフレット
参加希望される方は下記リンクより「ツアー参加申込書・参加規程(PDF)」をダウンロードし、必要事項を記載、押印の上、当会まで送付下さい。
2017年度ミャンマースタディツアー・参加申込書・参加規程

■ 募集概要(事情により変更する場合がありますので、ご了承下さい)
旅行期間 8月21日 夜 関西空港集合〜8月30日早朝 関西空港着
参加費 238,000円
募集人数 8名
申込締切 7月21日(金)
事前説明会 8月5日(土) 17:00 - 18:00 PHD協会事務所
◆参加費に含まれるもの:
航空費、空港使用税、燃料チャージ、海外旅行保険、査証代、宿泊費、食費、現地交通費。
◆参加費に含まれないもの:日本内交通費。
◆当会会員でない方は、会員になりご参加下さい。
   会費(正会員5,000 円、または友の会1,000 円)はPHD 協会にご送金下さい。
◆日程は、変更になる場合がございます。
◆申し込み多数の場合は、研修指導者、研修生ホームステイ先の方を優先させて頂きます。
◆学生割引: 先着2名に限り、1万円割引有り(詳細はお問い合わせください)
■ スケジュール
 日 付 行 程 宿 泊
8/21(月) 21:20 関西国際空港 出発ロビー4F 集合
シンガポール航空SQ0615便 23:25 発 
機内泊
22(火) シンガポール 5:05着
シンガポール航空SQ5010便 11:00発 
→ マンダレー 14:25着
→ イェボ村散策、夕食、買物、スパ(予定)
ホテル
クィーン マンダレー
23(水) マンダレー/ タダインシェ村、 ウーインリー村
ミャンマーレクチャー、保育園、学校訪問
Heath Education、日本語学生と交流
タダインシェ村
ホームスティ 予定
24(木)

現地NGO YANKIN訪問、
動物園にてスラムの子ども達と交流

ホテル
クィーン マンダレー
25(金) スラム・パター訪問 →
ドロップインセンター訪問
ホテル
クィーン マンダレー
26(土) シュエグ二孤児院(内戦の戦災孤児向け孤児院)
孤児院の子ども達と交流(シャボン玉遊びなど)
2018年度来期PHD研修生選考
ウーインリー村
ホームスティ 予定
27(日) タダインシェ村、 ウーインリー村
2018年度来期PHD研修生家庭訪問予備日
→ 参加者は村滞在(未定)
ウーインリー村
ホームスティ 予定
28(月) タダインシェ村、 ウーインリー村
→ マンダレーへ移動 フェアウエルパーティ
ホテル
クィーン マンダレー
29(火) マンダレーで買物、観光
マンダレー国際空港 13:30着
シンガポール航空SQ5033便 15:20 発
→ シンガポール 20:15着
機内泊
30(水) シンガポール航空SQ0618便 1:25 発 
関西国際空港 9:00着 解散
 

2016年度のツアーの写真

農村の若い娘さん。
郷土料理をいただきます。
シュエグ二孤児院の子ども達との交流。
マンダレー近郊農村の風景
今年も日本語が堪能な元PHD研修生がツアーに同行。
マンダレーのスラム・パターへ。
スラムの子ども達との交流。

工事現場で働く子ども。
スラムでは児童労働の問題を考えます。

小学校にて。
ツアー参加者、現地スタッフと記念撮影。
HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。