公益財団法人PHD協会 −平和と健康を担う人づくり−
公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

Peace(平和)、Health(健康)、 Human Development(人づくり)の頭文字をとって名づけられた草の根の人々による国際交流・協力の活動をしている団体です。
日本とアジア・南太平洋地域の草の根の人々との交流を通して、平和と健康を担う人づくりをすすめ、共に生きる社会を目指します。
〒650-0003 神戸市中央区山本通4-2-12 山手タワーズ601
TEL:078-414-7750 FAX:078-414-7611
PHD協会の提唱者岩村先生思い出のページ
HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
ブログ最新画像
↑クリックするとブログ記事が見れます
PHDの紹介
PHDの団体概要
講座の出前します
研修生たち
研修生の1年の流れ
PHDの研修生たち
研修生たち
研修について
スタディツアーについて
「ネパール」スタディツアー
「インドネシア」スタディツアー
「タイ」スタディツアー
「ビルマ」スタディツアー
「フィリピン」スタディツアー
「パプアニューギニア」スタディツアー
国内勉強会
地元学ツアー
PHD Letter
過去の「PHDレター」
NGO相談員
相談内容
PHDからお願い
入会・寄付について
PHD会員申込み
PHDボランティアについて
スタッフ紹介
PHDスタッフ
国内研修生
研修指導者
ショッピングで国際協力
草木染め・PHDグッズのご案内
ボランティアグループ
タイカレンの布を応援するソディ
里山で林業体験
農業体験

PHD今月のスケジュール

第27回 インドネシアツアー 2012年

◆ 2010年の様子 ◆ 2011年の様子 ◆ 2015年のスケジュール

   

人一人の生活は、今の日本ほど、物(実際は国外を含めた他人の力)に囲まれなくたっていきいきと生きていける。

だが、多くの人は物に恵まれている今の生活に飽き足らず、もっと、もっとと要求する。

そういうことが、地球そのものに大きな負担をかけていることは、自然現象の荒れをみれば気付く。

しかし日本人のそうした要求感は、いろいろなものを生み出す。それは研修生が日本へ来て学んだ事であり、インドネシア各地で見られた技術である。

生活の中で進むか、退くかは、地球の負担のより少ない方法を心がけたいと思う。

〜参加者レポートより〜

日程 内容 宿泊
8/20(月) 関空デンパサールジャカルタ ジャカルタエアポートホテル
8/21(火)

ジャカルタパダンパシルバルー
 自己紹介後、各ホームステイ先にて昼食、休憩、村内散策

ホームステイ
8/22(水) パシルバルー
 製氷工場見学、昼食にパダン料理
パシルバルータベ
ホームステイ
8/23(木) タベ→シランジャイ→タベ
 砂糖生産組合の施設や牛小屋を見学
 灌漑、水道設備の見学、タランバブンゴ町長宅訪問、助産師のクリニックを訪問。
ホームステイ
8/24(金) タベ→タラタダマ→タベ
 来日中(当時)のデリさん宅訪問、元研修生ミミさんの親戚の誕生日会に参加
ホームステイ
8/25(土) タベ
 31期研修生選考、候補者の家庭訪問  
ホームステイ
8/26(日) タベ→タラタジャラン→タベ
元研修生3名の家を訪ねる。参加者でカレー作り。研修生選考会議。
ホームステイ
8/27(月) タベ
 元研修生たちが作った幼稚園を見学
→パダン→ジャカルタ→デンパサール
機中泊
8/28(火) 08:30関空着、解散
シランジャイの風景 タラタダマの棚田風景
パダン国際空港 元研修生のミミさん、エリさんが始めた幼稚園
元研修生のアリさんの魚の養殖 元研修生のダスウィルさん宅でいただく夕食
シランジャイ村を散策 地域のパダン料理を手でいただく
HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。