公益財団法人PHD協会 −平和と健康を担う人づくり−
公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

Peace(平和)、Health(健康)、 Human Development(人づくり)の頭文字をとって名づけられた草の根の人々による国際交流・協力の活動をしている団体です。
日本とアジア・南太平洋地域の草の根の人々との交流を通して、平和と健康を担う人づくりをすすめ、共に生きる社会を目指します。
〒650-0003 神戸市中央区山本通4-2-12 山手タワーズ601
TEL:078-414-7750 FAX:078-414-7611
PHD協会の提唱者岩村先生思い出のページ
HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
ブログ最新画像
↑クリックするとブログ記事が見れます
PHDの紹介
PHDの団体概要
講座の出前します
研修生たち
研修生の1年の流れ
PHDの研修生たち
研修生たち
研修について
スタディツアーについて
「ネパール」スタディツアー
「インドネシア」スタディツアー
「タイ」スタディツアー
「ビルマ」スタディツアー
「フィリピン」スタディツアー
「パプアニューギニア」スタディツアー
国内勉強会
地元学ツアー
PHD Letter
過去の「PHDレター」
NGO相談員
相談内容
PHDからお願い
入会・寄付について
PHD会員申込み
PHDボランティアについて
スタッフ紹介
PHDスタッフ
国内研修生
研修指導者
ショッピングで国際協力
草木染め・PHDグッズのご案内
ボランティアグループ
タイカレンの布を応援するソディ
里山で林業体験
農業体験

PHD今月のスケジュール

PHDスタッフ紹介(入職順)


事務局長 坂西卓郎



兵庫県神戸市生まれ。水俣経由で生まれ育った神戸に戻って来ました。

 思えば国内研修生としてPHD協会にお世話になったのも2003年度のこと。その後、水俣で結婚し、水俣で生まれた子どもはもうすぐ8才。神戸で生まれた娘ももうすぐ2才になります。研修生、そしてみなさんとの出会いを家族一同楽しみにしています。

 研修担当時代の自己紹介の文章で「研修担当の仕事は天職」と書きました。本原稿を書いている時、ちょうど現研修担当が不在で約2週間代役を務めました。研修生が来日した直後の慌ただしい日々でしたが、やはりやりがいを強く感じ、こんなに楽しい仕事はない、と再認識したところです。

 ただ現在の私の役割は事務局長ということで、PHD協会全体の運営や資金獲得などが主な仕事。私の経験や能力では力不足なところが多く、精神的に追い詰められることもあり、研修担当と比べると長時間労働でストレスの多い役回りです。自分には無理だ、と弱音を吐くこともしばしば。その結果、6kgも太ってしまいました。

 しかし、それを機に往復40kmの自転車通勤を始め、今では自分史上ではもっとも良い身体にすることができました。このように逆境の中にこそチャンスあり、と考え、やっていきたいと思っています。

 今考えているのは帰った研修生のことです。PHD協会の活動の受益者は「研修生」ではなく、「村の人」。研修事業を通じて、研修生の村や地域に良い変化を促すことが目的です。ただ帰国した研修生は生活者として農業などをしながらの活動になります。その歩みは簡単ではありません。その帰国後の研修生の活動を側面から支援し、共に生きる実践に取り組みたいと思います。

 これは日本に居る研修生と第一に考えないといけない研修担当時代には十分にできませんでした。「逆境こそチャンス」、今の立場だからこそできることに取り組んでいきたいです。

 そして改めて思うのはPHD協会にはたくさんの支えてくださる方々が居られるということです。現在の事務局は若く経験が足りませんが、皆様のご支援のおかげでなんとかやっていけています。感謝、感謝の日々です。

 「生きるとは分かち合うこと」、岩村先生のメッセージを胸にこれからもPHD運動を推進していきたいです。興味のある方はぜひPHD運動にご参加下さい!(2013.4.17 ミャンマーの新年の日に)

【坂西著作・掲載記事等】

シナジー「もう一度地元で国際協力を」

PHD Movement Vol.1

私の支援者論〜オルタナティブな支援を求めて〜

水俣地元学から紡ぎ出す地域開発における外部者の役割

−JICA研修員への地元学研修を通じての考察

 

総務・財務・ファンドレイジング担当 上石景子 



 2016年3 月に卒業した名古屋の大学院では、在学中にインドネシアへ1 年間留学し、インドネシアの言語や文化を学ぶ一方、現地のジェンダーをテーマに研究をしていました。 PHD を知ったのは、大学院の教授にPHDの求人情報を教えてもらい、説明会に行ったことがきっかけでした。もともと国際協力に興味があり、学生時代はボランティア団体で活動し、スタディツアーに参加していたので、NGO 団体の話を聞けたらいいなという程度でした。当初は博士課程に進み研究に専念しようとも考えていました。それが、説明会に参加しPHD の話を聞いて、正直でオープンな職場だと感じ、ここで働きたいと一念発起しました。これからお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。PHD 事務所にいらした際にはぜひお話させていただけたらと思います。
広報・啓発担当 八木純二 



 広報・啓発担当新職員の八木です。PHD協会に入職する前も、国際協力NGO で広報を担当しておりました。とはいえ3年ほどのNGO 広報としての業務経験、まだまだ勉強することが多いと感じています。 ついでに白状してしまうと、アジア・太平洋地域に対する知見がほとんどありません。韓国や台湾へも行ったことが無く、日本から一番近い国への渡航経験が、中東のヨルダン王国という有様です。しかし、研修生と過ごす日常を通して、アジアの文化に属する人々の考えに触れ、思いの一端を知ることができる、この仕事に新鮮な喜びを感じています。今は日本の属するアジア・太平洋地域を深く知り、岩村昇先生や先達が30 年以上に渡って育ててきたPHD 協会の哲学について理解したいと願っています。 いろいろ未経験を強調してしまいましたが、今年後厄42 歳、初(うい)ことは微塵もありません。がんばります。
研修担当 前田千春 



 はじめまして。
4月から新しく研修担当職員になりました、前田千春です。
出身は大阪ですが、大学進学のために沖縄に移住し、10年間沖縄でのんびりと暮らしていました。
趣味は森林散策とシュノーケリングで、最近では城や遺跡めぐりも好きです。

大学と大学院では農学部に在籍し、主に林学について勉強してきました。 インドネシア・ジャワ島の農山村の農林家経済や貧困対策について研究していたこともあり、PHD協会で研修担当として働くことになりました。 研修や講演を通して、研修生と一緒にたくさんのことを学びたいと思っています。

これからよろしくお願いします。

 

 

 

 

HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。