公益財団法人PHD協会 −平和と健康を担う人づくり−
公益財団法人PHD協会(神戸)|国際協力NGO|アジア・南太平洋地域の国際交流・協力の活動をし共に生きる社会を目指して

Peace(平和)、Health(健康)、 Human Development(人づくり)の頭文字をとって名づけられた草の根の人々による国際交流・協力の活動をしている団体です。
日本とアジア・南太平洋地域の草の根の人々との交流を通して、平和と健康を担う人づくりをすすめ、共に生きる社会を目指します。
〒650-0003 神戸市中央区山本通4-2-12 山手タワーズ601
TEL:078-414-7750 FAX:078-414-7611
PHD協会の提唱者岩村先生思い出のページ
HOMEアクセス方法ブログリンク入会・寄付会員申込みお問合せEnglish
ブログ最新画像
↑クリックするとブログ記事が見れます
PHDの紹介
PHDの団体概要
講座の出前します
研修生たち
研修生の1年の流れ
PHDの研修生たち
研修生たち
研修について
スタディツアーについて
「ネパール」スタディツアー
「インドネシア」スタディツアー
「タイ」スタディツアー
「ビルマ」スタディツアー
「フィリピン」スタディツアー
「パプアニューギニア」スタディツアー
国内勉強会
地元学ツアー
PHD Letter
過去の「PHDレター」
NGO相談員
相談内容
PHDからお願い
入会・寄付について
PHD会員申込み
PHDボランティアについて
スタッフ紹介
PHDスタッフ
国内研修生
研修指導者
ショッピングで国際協力
草木染め・PHDグッズのご案内
ボランティアグループ
タイカレンの布を応援するソディ
里山で林業体験
農業体験

PHD今月のスケジュール

PHDの団体概要

【設立の経緯】

1962年からネパールを中心に約20年間海外で医療活動に従事してきた岩村昇医師が、自らの活動経緯と反省をふまえ、「物」「金」中心の一時的援助を越えた草の根レベルの人材交流・育成を提唱して1981年6月に設立。

【組織の目的】
  1. アジア・南太平洋地域からの研修生の招聘、研修後のフォローアップを通して、草の根の人々による自立した村づくりと生活向上に協力すること。
  2. 日本の人々もアジア、南太平洋地域の人々との交流を通して学び、そこから毎日の生活を問い直し、平和(Peace)と健康(Health)を担う人材を育成(Human Development)し、「共に生きる」社会をめざすこと。
【これまでの歩み】     詳しい年表はこちら (pdf/313kb) をご覧ください
1981年 ■ 岩村昇博士が第一回ロータリー国際理解賞を受賞。授賞式の際にPHD運動を提唱。任意団体PHD協会を設立。
■ 募金受付開始。
■ アジアスタディツアー開始。
1982年 ■ 専従職員採用。
■ 会報「PHD LETTER」発刊。
■ 第一期研修生をネパール、フィリピンから招へい。
■ 財団法人PHD財団を設立。理事長に今井鎮雄氏が就任。
■ たんば農文塾にて研修生たちの合宿開始。
■ 神戸新聞平和賞、兵庫県社会賞受賞。
1983年 ■ 会員制度発足。
■ (財)PHD財団と任意団体PHD協会を一本化し、財団法人PHD協会になる。
1984年 ■ 試験研究法人の認定を受ける。
■ 評議員会発足。
1985年 ■ タイからの研修生の招へい開始。
■ 短期中堅指導者招へい開始。
■ ロータリー米山記念奨学生としての支援をいただく。
■ 東日本研修旅行、本格的に開始。
1986年 ■ インドネシア、スリランカから初めて研修生を招へい。
■ 西日本研修旅行を開始。
1989年 ■ パプアニューギニアから初めて研修生を招へい。
1990年 ■ タイ・カレンの手織り布支援開始。
■ 韓国短期研修生受け入れ開始。
1991年 ■ PHD協会10周年記念事業開催。
1992年 ■ ビルマから、初めての研修生を招へい。
1993年 ■ 岩村昇先生「マグサイサイ賞」を受賞。
■ カンボジアから初めての研修生を招へい。
1994年 ■ ソロモン諸島から初めての研修生を招へい。
1995年 ■ 国内研修生制度開始。
■ 阪神大震災地元NGO救援連絡会議への支援を始める。
1996年 ■ 国際協力ワークショップ開始。
2000年 ■ 外務省NGO相談員制度を初めて受託する。
2001年 ■ 神戸新聞社会賞受賞。
■ 20周年記念事業をおこなう。
2002年 ■ PHD協会ホームページ開設。
2005年 ■ 岩村昇先生、逝去(78才)。
2007年 ■ 生活協同組合コープこうべとの連携を強化。
2011年 ■ 30周年記念事業をおこなう。
2012年 ■ 公益財団法人に認定される。
2013年 ■ 2008年度以来となる海外比較研修旅行を再開。
2014年 ■ 今井鎭雄理事長、逝去(93才)
■ 2006年度以来となる短期研修生をネパールから招へい。
2015年 ■ ネパール大地震発生。研修生の村を対象に救援・復興支援を開始。
【役員一覧】 2015年4月1日現在

     
理事◆
理事長:水野 雄二 (公財)神戸YMCA 顧問
理 事:太田 貞夫 (株)神戸新聞社 地域総研所長兼論説委員
理 事:米谷 収 ライス ヴァレー A.C.代表
理 事:水口 典久 兵庫県産業労働部国際局長
理 事:橋本 一豊 (株)神戸マツダ 代表取締役会長
理 事:山村 昭 神戸市市長室国際部長
理 事:安平 和彦 はりま法律事務所 弁護士
理 事:滝澤 功治 神戸海都法律事務所 弁護士
理 事:中村 尚善 (株)淡路第一商事 代表取締役
監 事:後藤 玲子 後藤玲子法律事務所 弁護士
監 事:山添 令子 生活協同組合コープこうべ 常勤理事
◆評議員◆
寒者 恵 元三木市職員 保健師
渋谷 冨喜男 元兵庫県有機農業研究会 会長
杉原 一三 篠山ナマステ会 幹事
寺内 真子 (公財)神戸YWCA 総幹事
向井 菊美 神戸東ロータリークラブ ロータリアン
納堂 邦弘 内子町地域おこし協力隊 隊員
井上 真二 (公財)神戸YMCA 総主事
前田 靖文 国際ロータリー2680地区 米山奨学委員会
◆運営協力委員◆
岩見龍太郎 兵庫県町村会 事務局長
本永 正治 (一社)兵庫県医師会 事務局長
大森 裕之 (一社)兵庫県歯科医師会 事業課課長
堅田 博行 (一社)兵庫県薬剤師会 事務局長
搆   忠宏 (社福)兵庫県社会福祉協議会 事務局長
塚元 重範 (公財)兵庫県老人クラブ連合会 専務理事兼事務局長
坂田 民子 (一社)ガールスカウト日本連盟兵庫県支部 副支部長
古米 泰子 兵庫県連合婦人会 事務局長
清水 勲夫 兵庫県青少年団体連絡協議会 副会長
草野誠一郎 神戸商工会議所 産業振興部長
山下  晃 (一社)神戸銀行協会 常務理事
大西  巧 (一社)兵庫県信用金庫協会 常務理事
伊勢田佳博
(一社)兵庫県信用組合協会 会計理事
石田 恭一 (一社)兵庫県建設業協会 専務理事
上原 利信 兵庫県森林組合連合会 専務理事
山口 徹夫 兵庫県漁業協同組合連合会 専務理事
松田 幸治
(公社)日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会 会長
奥谷 武司 神戸キワニスクラブ 福祉広報委員会 委員長
伴  忠道 青年海外協力隊近畿地区兵庫県OB会 事務局長
山田 堅一 兵庫県連合自治会 事務局長
大家 重明 兵庫県青年洋上大学同窓会 会長
長嶋 淳平 兵庫県小学校長会 会長
森  啓二 兵庫県中学校長会 副会長
溝口 繁美 兵庫県立高等学校長協会 会長
森口 二郎 (一社)兵庫県私学総連合会 事務局長
田守 茂男 (株)神戸新聞社 デジタル事業局長
西村 洋子 国際ソロプチミスト神戸 会長
神吉 道子 高砂にPHD研修生を迎える会

【事務局スタッフ】(入職順) 

坂西 卓郎 (事務局長)
井上 理子 (総務/財務担当)
芳田 弓生希 (啓発担当)
今里 拓哉 (研修担当)
古寺 瑞代 (会計補佐担当)
中西 美樹 (NGO事業補助金担当)
田尻 亜紀 (NGO事業補助金担当)
     

【決算報告】

2015年度
収支決算書、正味財産増減計算書、賃借対照表、財産目録

【定期刊行物】

▼ 「PHD LETTER」(会報、3.7.12月発行、3500部)
▼ 「事業報告書」(年次報告書、2,000部)

HOMEPHDへのアクセス入会・寄付についてサイトマップリンク集プライバシーポリシーお問合せ
Copyright2002 公益財団法人PHD協会 All right reserved.
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。